カテゴリー別アーカイブ: リフォーム

さくらペイントが省エネ塗料の施工実績で全国一位

さくら夢設計のグループ会社で、塗装工事専門の技術者集団「さくらペイント」が省エネ塗料、アステックペイントの2015年度施工実績で全国一位となり、表彰されました。

これも「さくらペイント」を信頼してご注文下さったお客様のお陰です。
心から御礼申し上げます。

受賞の記事はさくらペイントのHPをご覧下さい。
さくらペイントの受賞歴

2015年度アステックペイント住宅施工実績全国第一位
2015年度アステックペイント
住宅施工実績全国第一位

もうひとつのリビング 屋上のある暮らし「プラスワンリビング」

2月にさくらビルの屋上リニューアル工事の基本工事が完成いたしました!
春のうちに完璧に仕上げ、その後BBQイベント等を企画して、是非みなさまにお越しいただきたいと思います。

リニューアル工事後のさくらビル屋上
リニューアル工事後のさくらビル屋上

そもそも屋上をリニューアルする事になったのは、去年より始めさせていただいた新築住宅事業がキッカケです。『ルーフバルコニーのある家』がキーワードとなりました。

屋上にテーブルや椅子を持ち出し、心地いい光と風の中で過ごしたり、草花を育て、食事をしたり、読書をしたり、時には友人を招いてホームパーティーを開いたりする事ができます。

屋上に椅子やテーブルを置いた風景
屋上に椅子やテーブルを置いた風景
家に屋上があれば、自然とそこに人が集まるようになる。家族が、仲間が集うようになる。
太陽の下、雲の下、月の下、星の下なら本音が飛び出し、本心がさらけだせる。本能が目覚め、本気で遊ぶことができる。
想像力の翼を広げて、何かしたくなる。語りあい、分かちあい、触れあい、想いあえる。大気の中で過ごすこと。屋上のある暮らし。

image12

屋上が、絆を強めるコミュニケーションの場所だと思い、もう一つのリビング 『プラスワンリビング』をみなさまに知っていただきたい、体感していただきたい思いで、リニューアルに至りました。

左側に見える緑色の筒状の物体は防水型のスピーカーです
左側に見える緑色の筒状の物体は防水型のスピーカーです。屋上で音楽を楽しむこともできます。
屋上は、人をほどき、人をむすぶ。 私達もドキドキ、ワクワクの気持ちでいっぱいです! どうぞお楽しみに!!

 
建築部ディレクター 岩井則幸

 
コストアップなしで屋上庭園付きの家を実現する「プラスワンリビング」のページはこちらです。
http://yumesekkei.co.jp/reform/plusoneliving/

bnr_to_pol

住宅エコポイントが復活

建築部の岩本です。

住宅エコポイントが二年半ぶりに復活し、今回は水廻り改修工事(高効率給湯器と節湯水栓)も対象となります。

住宅エコポイントは一定の省エネ性能を持つ住宅の新築やエコリフォームに対して、様々な商品などと交換できるポイントを発行する制度です。
※詳しくは国土交通省の該当ページをご確認下さい。

国土交通省 – 住宅:省エネ住宅に関するポイント制度について
http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_fr4_000046.html

昨年末に閣議決定され、対象範囲に適応される工事であれば、2014年12月27日以降の契約で、申し込みができるようになりました。

ポイント発行の対象は、1. エコ住宅の新築、2. エコリフォーム(外壁・屋根・天井・床・窓断熱改修とそれに伴うバリアフリー改修、エコ住宅設備の設置、リフォーム瑕疵保険への加入、耐震改修など)、3. 完成済のエコ住宅の購入です。
エコリフォームの住宅設備は節水型のトイレや、高断熱仕様の浴室・給湯器なども対象になっております。

ポイントは省エネ・環境配慮商品のほか、全国型の商品券やプリペイドカード、地域商品券などに交換出来ます。
ポイント交換の申請受付開始時期は3月上旬の予定です。

申請はお客様ご自身でしていただきますが、提出する申請書類の作成等は、私たちさくらがお手伝いをさせていただきます。是非この機会に、ご検討下さい。

blg_201502-02

介護保険の住宅改修支援 1割の負担額で、手摺を取付できます

建築部 ディレクターの岩井則幸です。

古曽部のS様から玄関ポーチ部の階段の上り下りが不安心で、手摺を取付したいとご相談を受けました。ご訪問時に「介護保険の介護認定は受けていませんか?」とお伺いさせていただきましたら、まだ受けていらっしゃらなかったので、ご相談いただくようにお話させていただきました。

その後S様は高槻市役所→高槻市日吉台東地域包括支援センター→主治医と相談された結果、要支援1の認定を受けられました。
認定を受けた後、私と支援センターのケアマネージャーさんと、S様のご自宅にて打合せをさせていただき、玄関ポーチの階段部・玄関内部・トイレに手摺を取付することにして、見積書・写真等の手続きをすまし、市役所からの許可をもらい工事をさせていただきました。

要支援・要介護認定を受けている在宅の方が、日常生活での自立支援のための小規模の住宅改修を行ったとき、支給の対象となる改修の種類に限り、20万円を支給限度基準額として、その9割分の支給が受けられます。

主な工事内容としては、手摺の取付・床段差解消・滑り防止のための床材変更・引き戸等の扉の取替・洋式便器等への便器の取替です。

手摺の取付工事後S様は、

「荷物を持っていても玄関ポーチ部の階段の上り下りが安心してできるようになり、玄関で靴を履くときも立ったままででき、トイレでは立ち座りが楽にできたり、手摺に体をあずけたりもできて本当によかった、それとケガをしてからでは遅いので予防のためにも早く工事をするほうがよい」

と言われていました。

■階段

blg_201502-01_2

■玄関

blg_201502-01_1

■トイレ

blg_201502-01_3
自分はまだ大丈夫とか、自分はまだ認定は受けられないのでは?とか悩んだりせず、まずはご相談されることをおすすめいたします。転ばぬ先の杖、そして手摺りです。
私たちさくらも親身になってお手伝いいたします。

建築部 ディレクター 岩井則幸

電話でのお問い合せは 0120-396-123

お風呂、トイレ、キッチン、洗面室のリフォーム

建築部ディレクターの岩井則幸です。

上土室のO様邸でのお風呂、トイレ、キッチン、洗面室のリフォーム施工事例をご紹介させていただきます。

○浴室
浴室は今までがタイル貼りの在来浴室だったので、ユニットバスに変更して、浴室乾燥機もつけて快適に入浴していただけるようになりました。
また、手摺の取付位置にも配慮しました。

blg_201501-03_1

○トイレ
トイレは収納性とお掃除のしやすいプランにさせていただき、手洗いもプラスしました。

blg_201501-03_2

○システムキッチン
O様は、お料理がすごくお好きなので、ガスコンロは最新のグリルでダッチオーブンを使ってクリームシチューやローストビーフ等、色々な料理が出来るタイプをご提案いたしました。
ブルーのカラーを一目で気に入っていただけました。

blg_201501_03_3

○洗面化粧台
洗面化粧台は色々と打合せさせていただき、今までのデザインが気に入られていたので、デザインは損なわず、使いやすさをアップさせました。

blg_201501_03_4

リフォーム完了後にO様からいただいたお手紙を、掲載させていただきます。

「新築から二十年経って、キッチン、お風呂、洗面室、トイレを一新したいと考え、思い切ってリフォームを決意しました。
リフォームして感じた事は、 お家の中が、すべて明るくなった。とても使いやすくなり、見違えるほど美しくなったことです。
工事にかかわってくれた人達が、みなさんとても親切で、本当に気持ちよくリフォームができました。思い切ってリフォームをして本当によかったです。」

冬期休業日のお知らせ

今年も一年間ありがとうございました。
弊社の年末年始の営業日につきまして、下記の通りご案内申し上げます。

年内営業は12月27日(土曜日)午後5時まで。
12月28日(日)~ 1月4日(日)まで休業させていただきます。
2015年 1月5日(月曜日)午前8時より通常どおり営業いたします。

本年中のご愛顧を感謝いたしますとともに、皆様のご健康とご多幸を
心よりお祈り申し上げます。

新年もどうぞよろしくお願いいたします。